« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

☆08年、対馬ヒラマサ狙い

Cimg4012_350_2 5月5・6日と2日間、永井氏とイチロー君とでオオマサ狙いに対馬に行って来ました。初日は朝7時過ぎからのスタートでしたが、少し北西の風が吹いているので、本命ポイントに行けず、近場のポイントで永井さんと私が5㌔ぐらいのヒラスを1本ずつゲットしたところで、風が回り北東の風が強く吹きはじめやむなく撤収しました。風が落ち着くのを待つ間に昼食を取りその後は対馬観光に行って来ました。

午後3時過に風も落ち着いてきたので、再度出船しましたが思いのほか感度が悪く、今回初同行したイチロー君が3㌔級のヒラスを2本ゲットしたところで初日のジギングが終了しました。

情報によると豆酘崎では、4月末頃から、数量と良型のヒラマサが連日好調のようで、特にG.W中は10㌔級~23㌔のオオマサがかなりの数ゲットされたようです。今年は10年ぶりのヒラマサのあたり年ですね!凄いです

最終日の朝は風も穏やかで絶好の釣り日和になり、本命のポイントえ直行しました。ポイントの上空にはオオミズナギ鳥が数多く偵察飛行しており、ヒラマサの気配が・・・永井氏が忍ばせてきた飛び道具をキャストすると、驚くほど沢山の良型ヒラスの群れがペンシルの後方に付いて来ており、何回かチェイスしたものの残念ながら、フッキングせず船の手前で海中に消えていきました。

ジギングの方はポツポツとあたりが有り6㌔~3㌔級のヒラスが船中10本と、次期外れの大ブリを1本ゲットしました。午後3時前から風が強くなったので、安全を考え本命のポイントを後にしました。

感触ですが豆酘崎の方面ではベイトにサンマが入って来てるようで、ロングジグの方が良く釣れるようですが、私たちの入ったポイントはイカとアジがベイトである事を船長に教えてもらい、ショートタイプのナムジグに良くあたりが出ました。春マサは想像以上に水面近くでヒットしますので、最後まで気を抜かず・ジャークをしっかりと・・それからジギングの基本はマッチザベイトですね!ジグのシルエットとジャークスピード&ストロークが大切だと改めて感じました。左のフォト超過からご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆G.Wは対馬にヒラマサ狙いの予定です。

ライトさんの主催する5/20のジギング大会が中止になり、長い間ジギングもご無沙汰していました。ブログの方もネタが無く更新できず申し訳ありませんでした。

Photo_3 今年はヒラマサのあたり年なのか?各地で良型&数量とも良い釣果が出てるみたいですね!先月4月末にはヒラマサ狙いの老舗春漁丸でなんと25kgのデカマサが・・・http://www.geocities.jp/syunryo1963/さすがです。

来週 5日・6日と対馬入りしデカマサ狙いに行って来ます。帰ってきたら釣果写真アップしますので、ブログ覘きに来て下さい。

それから、ジグの好みの色の投票結果ですが、今流行なのかシルバー系がダントツの人気で、続いて2位が万能に使えるピンク系でした。ブルー系は私が思ったほど人気が無く残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »