ライターを使いヒートシュリングを少しずつ暖め収縮させて行きます。(焦げないように注意してください。)